仕事で電話を受ける機会が多い場合、電話代行の利用を検討してみてはどうでしょうか。特に人手が少ない場合は、電話を受けることが多いと本業が圧迫されてしまいますが、電話代行業者を利用すれば本業に集中できます。

代行業者のサービス内容

電話代行業者ができる事

電話代行サービスとは、簡単に言えば企業や個人事業主に代わり、かかってきた電話に対応するというサービスのことを指します。電話対応のサービスは、かかってきた電話に対応することなので、電話を代わりにかけ…

Read more »

電話代行を利用したほうが良い人

電話は、相手の顔が見えず表情や身振りで物事を伝えることができません。会話だけが意思を伝えるための方法になります。そのため、場合によっては、正しい情報が伝わらずに誤解を与えてしまうことがあります。つ…

Read more »

上手な代行業者の選択方法

電話代行を取り入れようと考えた時、大切なお客様とやりとりをする、とても重要な役割だけに、どこの会社を選べば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。電話は、お互い顔が見えない中、やりとりをするため…

Read more »

煩わしい電話対応を丸投げできるのが電話代行の利点

電話代行とは代行サービス業の1つで、依頼者の代わりに電話応対を行います。昭和40年代から始まっている代行サービスです。

サービス料金の相場

サービス料金の相場を知ることで、どのような業者を選べば良いのかがわかります。ここでは、サービスの内容に応じた相場について紹介していくので、読むことで自分の選ぶべきベストなサービスを選択することが可能となります。

サービス料金はどのくらいか

サービス料金とその内容

サービス料金と相場のバランス

電話代行における料金の設定

電話代行サービスは、企業や個人事業主に代わって、かかってきた電話に対応するというサービスのことです。電話の応答やその内容を伝えてくれるサービスで、オフィスに長く滞在することが難しい場合には大いに役立ちます。電話代行のサービスは様々な業者が行っており、その料金は業者ごと、あるいはサービスプランごとに大きく異なります。安いという理由だけで選んでしまうと、サービスに満足できないなどといったことになるので注意が必要です。電話代行サービスの料金は様々ですが、料金設定の方法はおおよそ似ています。そのため料金設定の方法を知れば、そのサービスが高いのか、お得なのかを知ることができるでしょう。 基本的に電話代行サービスの料金は、月毎にかかる基本料にプラスしてオプション料金という形をとっていることが多いです。かかってきた電話の対応や内容の伝達といった基本的なサービスに、注文受付やクレイマー対応などといった追加のサービスを加えていくごとにオプション料金がかかるという設定になっています。基本料金は、その月にかかってくる電話の回数によって決まるものです。かかってきた電話の回数が少なければ安く、多ければ高額です。なお、この価格は9時から17時まで対応した料金であり、夜間や休日の料金はより高くなります。

電話代行の料金の相場

電話代行サービスの月額基本料の相場料金は、ひと月のコール回数が50回以下ならばおおよそ5000円程度です。コール回数が100回までならばおよそ1万円程度、コール回数が200回までならばおよそ3万円程度といったように上がっていきます。なお、100回までのプランで契約していて、その月にかかってきた電話の回数が50回以下であったとしても料金が安くなるということはあまりありません。100回までのプランで契約しているにもかかわらず、100回以上の電話がかかってきた場合、1コールごとに100円から150円程度の料金が加算されていくという設定が相場です。夜間や休日も含めたプランの場合は、より高くなり、その相場は50回以下のコール回数でおよそ5万程度です。 営業時間が決まっているのならば、夜間や休日を含めることは避けるべきでしょう。あくまで相場であり、品質の高い対応をする場合などは、料金は高くなることが多いです。月額基本料に、オプションとしてリスケジュールや秘書代行、用件伺い、多言語対応などといった様々なサービスが加わっていき、オプションの数が多いほど料金が高くなります。複雑で高い能力を必要とするオプションの方が、追加料金も高いです。電話代行でどのようなサービスを追加するのかは、相場料金と事業内容を比較し、バランスを考えて取り入れることがお得に電話代行サービスを活用するポイントです。

© Copyright Phone Substitute. All Rights Reserved.